優勝は、大分Aチーム

優勝は、大分Aチーム

第28回全国車いす駅伝競走大会が3月12日、京都市内で開催され、大分Aチームが優勝。記録は45分56秒だった。大分の優勝は10年ぶり9回目。昨年の前回大会では中継ミスにより失格となった福岡チームが2位。3位には、岡山が入った。今大会は、主力選手の海外遠征などにより、前回優勝の東京が出場していない。出場チーム数は18チームだった。 大分Aは、1区の渡辺習輔選手が、岡山の松永仁志選手、大阪の吉田高志選手に続き、区間5位でつないだ。
2区の吉野誠二選手は2016年12月に兵庫県から大分県に移転。大分チームでは、他の選手のモチベーションの高さに刺激を受けて、練習を積んでいた。2区では順位を5位から2位まで上げて、トップに迫った。 吉野がつくった流れに乗り、3区の笹原廣喜選手が先頭に立ち、後続との差をつけた。
2区の吉野と、3区の笹原は、区間賞を獲得。4区の河室隆一選手が健闘し、アンカーの廣道純選手につないだ。河室、廣道ともに区間2位の走りだった。 続きを読む