働くブログ

雇用率が高い企業、低い企業の事情

t01310073_0131007312700514741.jpg

障がい者の雇用率が高い企業、低い企業があ

る理由ですが、まず人事採用面の観点から次

のようなことが言えそうです。


納付金制度自体はもう40年近く続いている制

度ですので、古い企業、特に歴史のある大企

業は以前から障がい者雇用に取り組んできて

います。


当然、それなりの雇用のためのノウハウがあ

り、有名企業であるがゆえのコンプライアン

ス死守の姿勢を持ち、社内制度的にも障がい者

のためにそれなりに整えられている、という

ことがあると思われます。


従って、そういった企業は比較的雇用率の達

成度合いは高いようです。


一方、最近設立されて急成長したような企業

は、そもそも障がい者を雇用するような余裕

がないところからスタートしているので、障

がい者雇用の必要性をあまり実感しないまま

、従業員数が増えていくということになりが

ちで、結果として雇用率が不足することが多

いようです。


またこういった企業は経験が少ないため、

障がい者雇用の難しさもあまり理解していな

いことも特徴です。


最後に上記のいずれにも入らない、歴史的に

も規模的にも中堅の企業は、経営者の考え方

が大きく影響することが言えます。

(続く)