働くブログ

これからの企業社会と障がい者の働き方

t01310073_0131007312700514741.jpg

企業文化の違いによる障がい者の働き方について

述べましたが、これはどちらがいい悪いというこ

とではなく、その企業にとって今までその仕事の

やり方がよかったという事実を踏まえて、その中

でどのように障がい者雇用をすればよいかを考え

た結果とも言えます。


しかしながら、一方では経済のグローバル化が急

速に進んでいる中で、今までは古いやり方を踏襲

していくのが最適だった企業、業種もそのままで

良いというわけにはいかなくなってきています。


また、障がい者に限らず、従来の社員とは考え方

、行動パターンが違う外国人や若者、女性がかな

りの比率で職場に入ってもらわないと業務が回っ

ていかないという状況にもなりつつあります。


今までは過去の仕事のやり方を踏襲してきた企業

も、必然的に外部環境、職場の構成員に合わせた

仕事のやり方を模索していくようになっていくで

しょう。


そうしていく中で、結果的にまとめて外に切出せ

る単純作業も増えていく可能性がありますし、そ

の時々で指示を出して作業をしてもらう必要性も

高まっていきます。


障がい者も個々の特性に沿って、単純作業をして

いくのか、個別指示の仕事をするのか、場合によ

っては両者の仕事を行き来するのか、といったパ

ターンに分かれていくというように考えられます。


このようなパターンを想定した上で、障がい者

けの職業教育も必要になっていくと思います。