働くブログ

通勤で必要な社会資本


t01500100_0150010012717862142.jpg

障がい者の雇用がもっと促進されるためには

、企業側の意識も障がい者側の意識も双方の

変化が必要です。


企業は障がい者を雇用することによってそれ

が企業の利益に繋がるような仕組みを作らな

ければなりませんし、障がい者側は障がいに

関係なくスキルを身に付けると同時に、自分

のことを正確に伝え、コミュニケーションを

周辺や会社側と取れるようにならないといけ

ません。


一方で、主に国が整える必要のある社会資本

として、障がい者の雇用のためにもっと必要

なものは何でしょうか。


まず、やはり通勤のための交通環境、特に駅

の施設や乗り物自体の構造的なところが考え

られます。


次に職場環境における、障がいに対応するた

めの設備、仕事を遂行するための道具類です。


最後に、緊急事態発生時に備えた障がい者

けの設備、道具類というものでしょう。


まず通勤に当たっての駅の施設等についてで

すが、平成24年度末の全国の駅における段差

の解消に関して、以下の調査数値があります。


1日当たりの平均利用者が3000人以上の駅に

おいて段差がなんらかの形で解消されている

のは89%、更に基準に適合している設備によ

り段差を解消している駅は81%。


基準に適合している設備とはエレベーター等

のことかと思われますが、いずれにしても大

変高い数字です。


一方で、この数字の印象とは異なって、必ず

しも日本の駅が障がい者にとって使いやすい

ようにはどうしても思えません。


それはなぜでしょうか。

(続く)