奥山選手の試技

奥山選手の試技

 
松崎選手の試技

松崎選手の試技

アジアユースパラ競技大会のパワーリフティングで59kg級の奥山一輝選手(20歳・順天堂大学)が銀メダル、107kg超級の松崎泰治選手(大分県立別府支援学校3年生)が銅メダルを獲得した。 奥山選手は、「ドバイに来てから体重が落ちてしまい計量がギリギリで、出場できるかどうかわからなかったのですが、大丈夫でした。試合は、中ノ瀬コーチの指示に従ってやりました。3本目の107kgは練習でも成功したことがなかった重量だったと思います。コーチは僕が上げられる重量を分かっていますので、僕は指示通り上げただけで、コーチの読みおかげです。今年で年齢的にジュニアが終わりなので、来年からはシニアの大会でしっかりとやっていきたいと思っています。2020年の東京パラリンピックへ向けて、線路から外れないようにやっていきたいです」と話した。
松崎選手は、2本目を上げたが、3本目は上げることができなかった。「自分としては1本目、2本目が軽く上がったので、3本目(140kg)に自己新記録に挑戦したのですが、少し重くて上がりませんでした。今までの大会では2本目を上げたことがなかった(記録が1本目になる)のですが、今回は2本目を上げることができました。今大会は自分にとって、海外での3回目の大会だったのですが、とてもよい経験になったと思います。奥山先輩が銀メダルを獲っていて、自分もメダルを獲りたいと思っていたので獲れてよかったです」と話した。 続きを読む