日本女子は、初戦で中国と対戦

アジアパラ競技大会のゴールボール女子で、日本は中国と対戦し、4対3で勝利した。
日本は、小宮正江選手、若杉遥選手、浦田理恵が先発。
日本は、試合開始早々、中国のペナルティで先制した後、若杉が2得点。終盤に小宮が
1得点を決めた。中国はバウンドボールやスピードのあるボールで3得点。4対3で折り返した。
後半の日本は、両ウイング(小宮と若杉)を天摩由貴選手、欠端瑛子選手に交代。1点差を守りきった。

続きを読む