日本5番黒田智成選手

日本5番黒田智成選手

ブラインドサッカーの国際親善試合・さいたま市ノーマライゼーションカップが3月20日、
フットメッセ大宮で開催され、日本代表チームは世界ランク1位のブラジル代表と対戦した。日本は前半、5番黒田智成選手、7番川村怜選手、4番田中章仁選手、15番佐々木ロベルト泉選手が入り、8番日向腎選手を活用して王者ブラジルに挑んだ。 前半7分、ブラジルの6番マルコス・アウヴェス選手がゴール。先制点をあげた。日本も積極的に攻め、前半16 分に5番・黒田智成選手が、7番・川村怜選手からのボールを受けて、狙いどおりのゴールを決めた。
しかし、前半の残りわずか、ブラジルの8番ハイムンド・メンデス選手がドリブルで抜けて追加点を取得。前半は1対2で折り返した。 後半は、ブラジルの攻撃の勢いが増し、日本が押し込まれる展開。
ブラジルの8番、6番の選手がそれぞれ得点を重ね、試合は1対4でブラジルが勝利した。MVPは、ブラジル代表のハイムンド・メンデス選手、MIP は日本の黒田智成選手だった。 得点を決めた黒田選手は、「川村怜選手から良いパスがきて、壁に当たったと思うんですが、ディフェンダーに対してうまく体を入れ替えることができ、狙って蹴りました。入って良かったです。ブラジルは、一つひとつのクオリティが高いと感じました。寄せの速さ、チャンスに確実にゴールを決める精度の高さがあります。ただ、今回、僕たちはいかに攻めるかということをテーマにしていました。結果は悔しいですけど、ただ、自分たちがやろうとしていることに手ごたえを感じることもできました。ブラジルを相手に攻めるサッカーにチャレンジし、狙いとしていたプレーの一部を出すことができました。課題も見つかりましたので、次へ向けて一つ一つ努力していきたいです」とコメントした。 続きを読む