高次脳機能障害とは、何なのか?
インターネットで検索すると、国立障害者リハビリテーションセンターをはじめ、行政が提供している高次脳機能障害の解説がいくつか出てきた。
高次脳機能障害とは、学術的には、「脳の損傷を原因とする認知機能の障害」と定義されている。
認知機能の障害といえば「認知症」が思い浮かぶが、先天性の疾患や周産期の脳損傷、発達障害、進行性疾患であるアルツハイマー型の認知症やパーキンソン病は、高次脳機能障害の原因疾患から除外されている。
つまり、生まれながらのものではなく、事故や病気などで後天的に脳に損傷を受けたことによる認知機能障害を指す。

続きを読む