男子T54 200m決勝の西(左)と生馬(右)

男子T54 200m決勝の西(左)と生馬(右)

第28回日本パラ陸上競技大会が6月10日、11日に、駒沢オリンピック公園陸上競技場で開催された。トラック種目・車いす男子(T54)短距離100mは生馬知季選手(25歳、World-AC所属)、200mは西勇輝選手(23歳、野村不動産パートナー所属)が優勝した。
年齢が近いことから互いに刺激を受けあう関係の生馬と西。
両選手ともに2017年7月にロンドンで開催される世界パラ陸上競技選手権大会の日本代表に選出されており、世界の舞台に挑む。 大会1日目の男子(T54)200m決勝。
スタートが得意な生馬知季選手が先行していたが、西勇輝選手が追いかける展開。ゴール手前で生馬を刺した。西の走りが昨シーズンと違うのは、後半の走りに伸びがあることだろう。 「スタートで生馬さんに先に行かれましたけど、直線で抜いてやろうと思っていました。風が向かい風だったので、思ったより伸びなかったんですけど、最後の一押しでギリギリで刺したと思います。冬場の走り込みの結果が、後半の伸びにつながっていると思います。今後はスタートを改善できたらいいですね」と西。 続きを読む