車いす男子の優勝は渡辺勝選手(写真提供Ⓒ東京マラソン財団)

車いす男子の優勝は渡辺勝選手(写真提供Ⓒ東京マラソン財団)

東京マラソン2017は2月26日に開催され、車いす男子は、渡辺勝選手(25歳、所属:TOPPAN)が優勝した。記録は1時間28分01だった。2位は、リオ・パラリンピック金メダリストのマルセル・フグ選手(31歳、スイス)で記録は1時間28分01、3位は鈴木朋樹選手(22歳、関東パラ陸上競技協会)で記録1時間28分02となった。車いす女子は、アマンダ・マグロリー選手(30歳、アメリカ)がマニュエラ・シャー選手(32歳、スイス)を僅差で破り、優勝した。記録は1時間43分27だった。日本人の女子選手は、喜納翼選手が5位、記録1時間46分11、中山和美選手が6位、記録1時間46分14だった。 今大会は、2016年大会からコースが変更。フィニッシュ地点が東京ビッグサイトから東京駅前に変わり、全体的にコースの起伏が少なくなった。海からの風も少なくなることが予想され、優勝を狙う有力選手たちがどこで勝負を仕掛けるかが見どころだった。
車いす男子のレースは、序盤、西田宗城選手(32歳、バカラパシフィック)が積極的に前に出た。中間地点での先頭集団は、マルセル・フグ選手、渡辺勝選手、鈴木朋樹選手、西田宗城選手、吉田竜太選手、ジョシュア・ジョージ選手(USA)、洞ノ上浩太選手、山本浩之選手、エルンスト・バンダイク選手(南アフリカ)の9名で構成。その後、エルンスト選手が脱落したため、終盤まで8名の集団で進み、ゴール前のスプリント勝負となった。 続きを読む