2020年の東京パラリンピック開催の「効果」があるとしたら、その一つは、競技人口の増加だろう。
テレビや新聞でパラリンピック競技が取り上げられ、これまでスポーツに馴染みがなかった人が、「自分もやってみよう」「パラリンピックを目指そう」と考える。
身体を動かし、トレーニングを継続し、やがて国内の大会に出場する。
大勢の選手が競い合うようになり、競技のレベルが上がっていく。
「そうなったらいいな」と願っているせいもあり、国内の大会で新しい選手を見掛けたり、若手の選手が記録を伸ばしたりすると、2020年東京パラリンピック効果の「兆し」と位置づけたくなる。

続きを読む