DSC_4316.jpg

2016年のリオ・パラリンピックへの出場権をかけた戦いが始まる。

IBSA(International Blind Sports Federation)のゴールボール世界選手権が、6月26日(木)から7月7日(月)まで、フィンランドで開催される。

この大会は、男子は16カ国、女子は12カ国が参加する予定で、2016年のリオ・パラリンピックの予選を兼ねている。男女ともに上位3カ国の代表チームが、リオへの切符を手にする。日本代表チームは、6月13日から15日まで、所沢市の国立リハビリテーションセンターで強化合宿を実施。実戦形式の練習を通じて、世界選手権へ向けた調整を行った。